2010年06月12日

ニューエクスプレスの新刊

7月に発売予定の白水社ニューエクスプレス「ヨーロッパのおもしろ言語」が非常に楽しみ。
収録されているのは以下の9言語です。

アブハズ語……グルジアのアブハジア自治共和国
エストニア語……エストニア
ソルブ語……ドイツの少数民族ソルブ人
フリジア語……オランダ〜ドイツのフリースランド地方
ルクセンブルク語……ルクセンブルク
プロヴァンス語……フランス南部プロヴァンス地方
バスク語……バスク人
フェーロー語……デンマーク領フェロー諸島
ロマニ語……ロマ(ジプシー)

ルクセンブルク語とかエストニア語はともかくとして,
アブハズ語とかソルブ語とかは渋すぎます。
需要はあるのでしょうか。
個人的にはフェーロー語とロマニ語が楽しみ。
少々お高い価格ではありますが購入することになりそうです。

気がつけば一か月更新していませんでした。
もう少し頑張らねばなりませぬ。
posted by 森山 樹 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38888746
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック